マイホーム,ファースの家(Fas工法),設計施工の山﨑建設

施工事例

「ZEHで暮らす我家」

桐生市 S様

Q1.以前の住まいについて教えて下さい。
築30年くらいになるアパートに住んでいて、エアコンはリビングに1台。
稼働させれば夏も冬もそこだけは涼しかったり暖かくなりましたが、逆に他の場所との温度差が酷かったですね。
寝室は暑さと寒さが気になってぐっすり眠れないし、キッチンも北側に位置していたせいか風が入らず、空気がこもってしまうんです。
特に大変だったのが冬の結露で、毎朝びっしょり濡れた窓ガラスを拭き取るのが日課でした。
また、子どもが生まれたばかりの頃はお風呂から出ると脱衣室にいる間に体が冷えてしまうので、風邪を引かないように大急ぎで着替えさせていましたね。

Q2『. ファースの家』の住み心地はいかがですか?
まず、冬でも炬燵いらずで過ごせるのが嬉しいですね。
床暖房を入れているわけでもないのに足下から暖かさが実感できるので、靴下を履くのが勿体ないくらい、素足で歩くと本当に気持ちいい。
お風呂あがりに子どもたちが裸で走り回っていても何の心配もありませんし、寝ているときに布団を掛け直す手間もいりません。
むしろしっかり布団を掛けてしまうと逆に暑すぎて、夜泣きしてしまうくらいです(笑)。
また、花粉症と共働きということもあって洗濯物は基本的に室内干しですが、夜のうちに干しておけば朝にはすっかり乾きます。
季節や天候に左右されず、仮に雨が続いたからとわざわざコインランドリーに行くこともなくなったので、気の使い方がアパートの頃とは大違い。
気持ちの面でも、本当に心から「快適」に過ごせていると思います。

Q3.特に『ファースの家』の性能を実感するときは?
長く住んでいると、私たちにとって『ファースの家』の環境が当たり前になってきますが、実家や友人の家を訪れるたびに、その違いを強く実感しますね。
一つは、やはり寒暖の差です。アパートの頃もそうでしたが、「温度差がない」ということが、家族の健康や子育てを考えたときに、どれほど最適な環境かということ。
我が家は遊びに来た親戚や友人が驚くくらい冬でも本当に暖かいし、空気もキレイなので花粉症が辛い時期でも、家の中で過ごしていれば、そのときだけは自然と症状が治まります。
私たちにとって、これほど「早く家に帰りたくなる」住まいは他にありません。

BACK
一覧に戻る
施工事例のご紹介
施工事例イメージ写真

「ZEHで暮らす我家」

家族の時間を大切にするお家が完成です。4.9kwの太陽光パネルをのせた...

詳細ページ >>

ページトップ
ホーム施工事例お客様の声 山崎のFAS工法リフォーム会社概要新着情報お問合せ